ブリアンの口コミをまとめてみました

子ども用の歯磨き粉「ブリアン」の口コミを、アットコスメからいくつかひろってみました。

 

  • フッ素、発泡剤が入っていないのが良い
  • 添加物が入っていないのが良い
  • イチゴ味のため、歯ブラシを嫌がらなくなった
  • 自分から歯磨きをするようになった
  • ブクブクをしなくて良い 1歳半の子どもにも使っている
  • 1ヶ月以上もつので、期間を変更したい 3ヶ月周期まで
  • 自分はリンスを使わないとダメなので使っていない
  • 1袋で2〜3回 使える
  • 残った歯磨き粉は冷蔵庫に保管している
  • ちょっと高め
  • 2ヶ月ほどでは効果を実感できるほどではない
  • 口臭が減った印象がある
  • 歯のベタベタした感じが減った
  • 歯のクリーニングをした後のようにツルツルになった
  • 歯石や茶渋が取れた
  • 虫歯ができなくなった
  • 国内ではまだ歯磨き粉としての評判が多くないが、海外では使われているので安心

 

 

これらの口コミを簡単にまとめると、

 

良い点・・・イチゴ味であるため、子どもが自らすすんで歯磨きをしてくれるようになった
悪い点・・・価格がやや高め

 

という点が主な口コミになるかと思います。

 

虫歯菌の除去は、さすがに簡単に実感はできないようですね。これは自覚できるものではないですし、そもそも使っているのは子どもですから余計に口コミを集めるのが難しいです。

 

ブリアンの価格については、虫歯が出来て治療しなければいけなくなることを考えれば、決して高くないという口コミがいくつか見られました。

 

添加物を気にするお母さんの口コミが多いという印象があり、添加物を使っていないことを評価している人も多いようです。

ブリアンの特徴

ブリアンの歯磨き粉としての特徴を口コミからざっとまとめます。

 

  • 60日あいだの返金保証がある
  • 虫歯予防成分である「BLISM18」を使っている
  • 30g30包入り 1ヶ月分
  • 通販でしか買うことができない
  • 殺菌剤、界面活性剤、保存料、合成着色料が入っていない
  • 磨いた後、口をゆすがなくて良い

 

こうした点が評価されて、ブリアンを愛用している人が増えているようです。

 

なお、日経産業新聞でも紹介されたことがあります。以下はその抜粋です。

「食べかすが菌に付着しないよう、虫歯の原因菌である「ミュースタンス連鎖球菌」を殺菌する。発泡剤や界面活性剤を使っておらず、子供でも安心して使える」

 

 

ブリアンの価格ですが、定期配送の「虫歯予防コース」は、単品価格7,800円が3,919円、2回目は4,980円、3回目以降は4,482円となります。継続回数の縛りは2回ですので、それほどきついものではないでしょう。

 

でも、3回以上継続する場合、3回目以降はお届け周期、一時休止が自由にできます。

 

なお、ブリアンには返金保証があります。

 

子供に合わない場合、効果を実感できない時は、購入時に同封されている返金申請書、お買い上げ明細書、商品箱の3点を返送すると、商品代金の全額が戻ります。

 

返金保証期間は60日ありますので、じっくりと確かめられますね。

 

 

BLIS M18とは何か

そもそも虫歯菌がなくならない原因は何でしょうか。

 

殺菌剤や洗浄剤が入っている歯磨き粉だと、虫歯菌に抵抗する良い菌まで取り除いてしまうので、虫歯菌が減らないことがまずあります。

 

また、発泡剤や界面活性剤が入っていると泡立ちが良く、磨き残しが増えやすいのです。

 

虫歯予防で人気のあるフッ素ですが、これだけで虫歯にならないわけではないが、油断してしまうことも1つの原因になるでしょう。

 

BLIS M18とは、ニュージーランドで虫歯にならない子供たちを研究することから見つかった虫歯予防成分であり、ブリアンを歯磨き粉代わりに使うだけで予防ができます。虫歯菌であるミュースタンス菌を減らしてくれるためです。

 

また、BLIS M18は虫歯菌のエサとなるなる歯垢も取り除いてくれます。BLIS M18の粒子は非常に小さいため、歯ブラシが届きづらい箇所にも達します。

 

 

ブリアンに使用されていない成分

 

殺菌剤、界面活性剤、発泡剤、研磨剤、合成着色料、保存料、パラベン、グリセリン、ポリエチレングリコール、ラウリル硫酸ナトリウム、フッ化ナトリウム、酸化防止剤、シリコン、その他刺激を与える物質

 

通常の歯磨き粉に使われている成分が、主に子どもを対象とした歯磨き粉であることを考慮して使われていないのです。このあたりを評価する口コミもあります。

 

 

ブリアンの使い方

 

パッケージを開封する → 必要な量を手に取る → 水で軽く濡らした歯ブラシにつける → 磨いた後は唾液を吐き出す

 

ゆすがなくていいというのがこの製品の1つの特徴です。この点も口コミで語られています。

 

 

ブリアンの効果

 

ブリアンを活用することで様々な効果が期待できますが、はたらく母親の間では、次のような口コミが多く見られました。

 

  • 子供がすすんで歯磨きをしてくれるようになって、貴重な時間と労力が節約できた
  • 虫歯が減るので、歯医者に連れて行く回数が減った

 

なお、虫歯が減るという効果は半年、1年くらい使用しないと実感しにくいものと思われます。そのため、口コミで「効果がありました!」というものは出づらいものと思われます。なかなかそこまで言い切るのは難しいですね。口コミ情報も万能ではないのです。個人の主観が入りやすいという弱点もあります。

 

 

開発の経緯

 

  • ブリアンの開発担当者が斎藤医師の公演を聴き、虫歯にならない子供が保有していると言われる善玉菌・BLIS M18に興味を持つ
  • 斎藤医師と意気投合し、一緒に歯磨き粉を開発することになる
  • BLIS M18は加工が難しい
  • →熱と水に弱いため、普通の歯磨き粉のようなペースト状にすると菌が死滅しやすい
  • 善玉菌は船便だと温度管理が十分できず、死んでしまうことが多いため、冷凍空輸便を使った。また、成分が貴重なので、どうしても歯磨き粉として販売しようとすると値段が高くなるという欠点があった。
  • ペースト状だと凝固剤、粘結剤、防腐剤が必要になるが、これらは子供のための歯磨き粉として良くないので除外した。

 

こうした過程を経てようやく、ブリアンが一般の消費者向けに販売されることになったのです。

 

 

 

歯磨き粉選びは大事

お子さんの歯を守るため、色々なことを考えてあげることが必要ですよね。

 

虫歯菌(ミュースタンス菌)を移さないようにすること、ブラッシングを始める時期、歯医者さんでの検診はいつから受けたらいいのか・・・とても多くのことがありますが、歯磨き粉選びもその1つであることは間違いありません。ですから口コミ情報は気になりますよね。

 

ブリアンの開発担当者によれば、BLIS M18を持っているお子さんは全体の2%しかいないわけですから、自分の子どもはBLIS M18を保有していないと考えた方が無難でしょう。

 

そうすると、お金を出すことで何とかなるのであれば、ブリアンのような歯磨き粉は選択肢の1つとして入ってくるのではないかと思います。

 

ブリアンを使うことで、お子さんの口腔内にBLIS M18を常在させることができ、その結果、虫歯が減るのであれば喜ばしいことですし、歯医者に行って辛い治療を受けさせることも減るはずです。その効果を考えれば、普通の歯磨き粉に比べれば高くても、それなりに費用に見合う価値があると言っても過言ではありません。

 

実際に効果があるのかどうか、これは測定しにくいものであることは間違いありません。もしかしたら歯医者さんも「そんな歯磨き粉に効果はありませんよ」と言うかもしれません。

 

しかし、歯医者さんの言うとおりにしていれば、虫歯ができないとも限りません。口コミ情報も、集めすぎれば混乱する可能性があります。

 

そこで、ご両親は最終的にブリアンを使うのかどうか決断しなければならないのです。迷うところだと思うのですが、良い口コミも多数ありますし、イチゴ味が子どもにうけるという話も多くありますので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

関連リンク